対合(読み)ついごう(英語表記)involution

翻訳|involution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「対合」の解説

対合
ついごう
involution

数学用語。インボリューションともいう。ある変換 u があって,u を2度繰返したときの変換 u2 が恒等変換となるとき,この u を対合あるいは対合変換という。たとえば集合 A補集合をつくる算法を一つの変換とみなして u とおき,A の補集合を uA と書くことにすれば,明かに u(uA)=u2(A)=A である。すなわちこれは u2AA なる恒等写像であることを示している。また u(u-1A)=A であるから u-1u となり,全単射でもある。補集合をつくる算法が対合的であるといわれるのは,以上の性質による。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「対合」の解説

たい‐ごう ‥ガフ【対合】

〘名〙
① むかいあうこと。対面すること。対客。〔文明本節用集(室町中)〕
※経覚私要鈔‐康正二年(1456)四月二四日「俊円僧正・兼雅得業両人招引之。令対合一献了」
② 対応していること。〔哲学字彙(1881)〕
③ 細胞が減数分裂するとき、相同の染色体どうしが接着する現象。
④ 数学で、変換の一つ。二度繰り返すと恒等変換になるものをいう。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android