対手(読み)たいしゅ

精選版 日本国語大辞典「対手」の解説

たい‐しゅ【対手】

〘名〙
① あいて。あいかた。敵手。匹敵
※号外(1906)〈国木田独歩〉「即ち生活の対手(タイシュ)、もしくはまと、は生活の煽動者を失なった」 〔旧唐書‐宣宗紀〕
囲碁将棋で、対戦する相手のこと。
※格五新譜(1844‐54頃か)布勢巻「対手第二局 桂馬定勢なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「対手」の解説

たい‐しゅ【対手】

相手。「対手国」
対戦相手。「棋戦きせん対手

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android