コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂馬 ケイマ

デジタル大辞泉の解説

けい‐ま【×桂馬】

将棋の駒の一。1間(けん)隔てた斜め前方の左右に飛び進める。成ると金将と同じ働きをする。
囲碁で、自分のから1間または2間隔てて斜めに石を打つこと。また、その手。1間のときを小桂、2間のときを大桂馬という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

桂馬

古典落語の演目のひとつ。上方種の落語「戎小判」の東京での別題。「鼻の上の桂馬」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

けいま【桂馬】

将棋の駒の一。前方に一目飛び越して斜め右または左に進む。他の駒を跳び越すことができる。成ると金将と同じ働きになる。桂。
囲碁で、一路または二路隔てて斜めに打つこと。また、その石。一路のときを小桂馬、二路のときを大桂馬という。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

桂馬の関連キーワードチュンジー(琉球象棋)桂 文之助(2代目)桂馬の高上がり大橋宗桂(1)締まり・締り桂馬の高上り将棋の格言褌・犢鼻褌将棋遊び古典落語大橋宗桂織物組織鬼殺しナイトチェス猿辷り高上り将棋小駒

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桂馬の関連情報