コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対照法 たいしょうほうantithesis

翻訳|antithesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対照法
たいしょうほう
antithesis

相反した事物や対立する事物を並べて,両者の対照的な状態を一層鮮明にし強調する修辞法。文学的手法としては特に古典主義の詩人が好んで用い,風刺的な機知を発揮する手段となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいしょう‐ほう〔タイセウハフ〕【対照法】

修辞法の一。相反する事物を対照させて、両者の状態をいっそうはっきりさせる技法をいう。「月とすっぽん」「提灯に釣鐘」の類。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいしょうほう【対照法】

修辞法の一。相反する事物あるいは相違のはなはだしい物どうしを並べ合わせることによって、印象を鮮明にしたり、文章を美しく飾ったりする方法。「月は東に日は西に」の類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

対照法の関連キーワードオルフィスムマリーノリリー相違QC疫学

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android