対称型レンズ(読み)タイショウガタレンズ

カメラマン写真用語辞典の解説

対称型レンズ

 絞りが中央にあり、その左右のレンズ群が同じような構成になっているレンズのこと。収差、とくに 歪曲収差 が少ないと言われる。広角レンズではビオゴントポゴンなどが対称型レンズの典型で、標準系のレンズではガウス型、オルソメター型などが有名である。望遠系のレンズはその性質上から、対称型でないことが多い。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる