コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対称型レンズ タイショウガタレンズ

カメラマン写真用語辞典の解説

対称型レンズ

 絞りが中央にあり、その左右のレンズ群が同じような構成になっているレンズのこと。収差、とくに 歪曲収差 が少ないと言われる。広角レンズではビオゴン、トポゴンなどが対称型レンズの典型で、標準系のレンズではガウス型、オルソメター型などが有名である。望遠系のレンズはその性質上から、対称型でないことが多い。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

対称型レンズの関連キーワードレトロフォーカスホロゴンカメラ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android