コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対空兵器 たいくうへいき

百科事典マイペディアの解説

対空兵器【たいくうへいき】

敵航空機に対する防御火器には高射砲,高射機関銃があり,初期には簡単な照準器を,次いで機械式の算定具や聴音機探照灯を用いたが,命中率は低かった。第2次大戦中にレーダー近接信管,遠隔管制方式などが採用され,格段に性能が向上,現在はAEWなどとも結合されて防空兵器体系として運用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

対空兵器の関連キーワード防空警戒管制組織地対空ミサイル早期警戒機特設艦船機関砲

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対空兵器の関連情報