コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高射砲 コウシャホウ

デジタル大辞泉の解説

こうしゃ‐ほう〔カウシヤハウ〕【高射砲】

侵入する敵機を迎撃するのに用いる火砲。旧日本陸軍での呼称で、海軍では高角砲といった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高射砲【こうしゃほう】

対空射撃用の地上火器。1912年ドイツ陸軍が75mm野砲を改良して使用したのが最初。口径は75〜150mm,最大到達高度は75mmで7000m,150mmで2万m程度。
→関連項目対空兵器兵器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こうしゃほう【高射砲】

航空機を撃墜するための中小口径砲。旧陸軍の呼称で、海軍では高角砲と称する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高射砲
こうしゃほう

対空火器」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高射砲
こうしゃほう

航空機攻撃用の火砲(大砲)。第一次世界大戦に出現した航空機がしだいに発展を遂げると、これに対応する対空火力として高射砲が新たに登場した。艦艇では、かつては高角砲とよんでいたように、高い射角をかけて射撃を行う火砲であり、従来の砲にはない機能が要求される。すなわち二次元の射撃(距離、方位)から三次元の射撃(距離、方位、高度)の技術開発が促された。高速度の航空機に対応するため、高初速で、続けざまに弾丸を発射できる。発射速度が大きく、しかも動作の機敏な砲であり、有効に作動する信管、より速く目標を捕捉(ほそく)する装置を要する。以上の要求を満たす砲の開発に各国ともしのぎを削ったが、1936年イギリスのロバート・ワトソン・ワットによるレーダーの発明、第二次世界大戦中に開発された電波応用のVT(近接)信管などが高射砲の性能を著しく高めた。しかし、航空機の目覚ましい発達は、またたくまに高射砲の性能をしのぎ、対空ミサイルが登場する。だが低空の対空火力としての高射砲は必要不可欠で、現在はレーダーとコンピュータを装備した高性能の高射砲が用いられている。[猪口修道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高射砲の言及

【大砲】より

…重砲の発達により姿を消した。 高射砲航空機を射撃するために砲身を高射角にでき,かつ全方向に旋回できるようにした砲架を持つ火砲。第1次大戦中に出現し,航空機の発達とともに性能は向上したが,1960年代に口径75mm以上の高射砲は対空ミサイルにその地位を譲った。…

※「高射砲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高射砲の関連キーワード八幡山古墳〈愛知県〉ジョン キアルディサイバネティックス中国人民解放軍射撃管制装置京橋駅空襲レールガン対戦車砲国府台城座喜味城ロボット情報科学阻塞気球気象制御本土決戦カノン砲時計信管近接信管第六台場トーチカ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高射砲の関連情報