コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照準器 しょうじゅんき fire control instrument

3件 の用語解説(照準器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

照準器
しょうじゅんき
fire control instrument

銃砲弾を目標に命中させるために,銃砲の高低,方角を決定するのに用いる装置。照準具ともいう。最も簡単なものは,照門と照星からなり,肉眼でこのニつが目標と一線上に重なるように,ねらいを定める装置で,今日でも銃に使われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうじゅん‐き〔セウジユン‐〕【照準器/照準機】

爆撃・銃砲撃のねらいを定めるための装置。また、望遠鏡カメラで、目的物に焦点を合わせるための装置。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

照準器
しょうじゅんき
sights

銃砲の弾丸、魚雷、爆弾、ミサイルなどを目標に命中させるための器具。目視式、光学式、電波式および音波式のものがある。もっとも簡単なのは小銃や拳銃(けんじゅう)についている照星・照門式のもので、両者を通過する見通し線を正確に目標に向ければ発射された弾丸が命中するようになっている。遠距離の目標をねらうため銃砲に適当な仰角を与えるための照準器には照尺(表尺)がついている。横に移動する目標に対しては横尺があり、飛行目標に対しては立体照尺が考案され、目標の未来位置に弾丸が到達するようになっている。艦砲や狙撃(そげき)銃には光学式の照準器を備えており、電波利用のものは、レーダーにより目標の測定追跡、諸元算定、砲の旋回俯仰(ふぎょう)などの照準操作がすべて自動的に連動する。水中では潜望鏡(光学式)、ソナー(音波式)を利用する。最近はレーザーとコンピュータとを組み合わせ、諸元を瞬間的に算定する照準器も実用化されている。[小橋良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

照準器の関連キーワード一発曲射死角銃砲弾帯着弾狙う命中打方玉薬

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

照準器の関連情報