コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿県古墓 じゅけんこぼShou-xian gu-mu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寿県古墓
じゅけんこぼ
Shou-xian gu-mu

中国安徽省寿県に存在する春秋・戦国時代の墓葬群。この地は春秋初めに州来国の都で,のちに蔡が昭侯 26 (前 493) ~斉公4 (前 447) 年まで都とし,さらにが考烈王 22 (前 241) ~負芻5 (前 223) 年まで都とした。 1923年頃から多数の青銅器が出土して世界の注目を集めたが,32年に県城の東の朱家集李三孤堆で楚墓が盗掘され,多くの青銅器が出土した。また 55年には県城内北西隅で蔡侯墓が発見され,多くの青銅器や玉器が出土した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅけんこぼ【寿県古墓 Shòu xiàn gǔ mù】

中国,安徽省寿県付近に存在する春秋戦国時代の蔡国と楚国の墓群。寿県は淮河と淝河の合流点南岸に位置し,前493年に蔡国がここに遷都し,前241年には楚が都とするが,前223年に秦によって滅ぼされた。1955年に寿県城西門内で調査された前6~前5世紀に比定される墓は蔡の昭侯申の墓と思われ,正方形の竪穴木槨墓で,漆棺を納めていた。副葬品584点のうち486点が青銅器で,〈呉王光鑑〉〈蔡侯〉などの銘文のあるものが発見された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報