コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幽王 ゆうおうYou-wang; Yu-wang

5件 の用語解説(幽王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幽王
ゆうおう
You-wang; Yu-wang

中国,第 12代の王 (在位前 781~771) 。西周最後の王。姓名は姫せい (きせい) ,姫涅 (きでつ) 。宣王の子。褒じ (ほうじ) を寵愛し,申侯の娘である正夫人の申后とその子太子宜臼 (ぎきゅう) を廃して,褒じを正夫人とし,その子伯服を太子とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐おう〔イウワウ〕【幽王】

[?~前771]中国、王朝第12代の王。在位、前782~前771。姓名は姫涅(きでつ)。寵妃褒姒(ほうじ)への愛におぼれて申皇后と太子を廃し、褒姒を正后、その子を太子としたため、犬戎(けんじゅう)の力を借りた外戚の申侯に攻められ、驪山(りざん)で殺された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうおう【幽王 Yōu wáng】

中国,西周の末王。在位,前781‐前771年。本名は姫宮涅(ききゆうでつ)。父の宣王の中興のあとをうけて即位したが,地主化した貴族層の勢力があなどりがたく,周辺民族の進攻もあって,王権は昔日の勢いを失っていた。即位以来,天変地異が重なり,とくに褒姒(ほうじ)を寵愛して皇后の申后を追ったことが貴族層の背反を決定的にした。申后の父の申侯が異民族犬戎の援助を得て王を攻め,幽王は驪山(りざん)で殺されたとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうおう【幽王】

?~前771) 中国、西周の最後の王。第一二代。褒姒ほうじを寵愛して后にしようとしたため、正妃の父申侯が犬戎けんじゆうと結び、周を攻め、西周は滅びた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幽王
ゆうおう
(?―前771)

中国、周王朝第12代の王(在位前782~前771)。名は(せい)または涅(でつ)。第11代宣王の子。西周王朝を滅亡に導いた悪王とされる。褒(ほうじ)を寵愛(ちょうあい)し、申皇后および太子宜臼(ぎきゅう)(平王)を廃し、褒の子、伯服を太子としたことから、諸侯に背かれ、申侯と犬戎(けんじゅう)の軍に驪山(りざん)のもとで襲殺されたという。おそらく西周末年、王室が衰え、諸侯や貴族の勢力が強大となり、政権争いの激化するなかで幽王の失政が生じ、西周王朝が滅びたのであろう。[宇都木章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の幽王の言及

【周】より

…厲王の死後,子の宣王が即位し,一時王室の力を再興し,南進を企て,北方の蛮族の南下を阻止したが,王権の強化を急ぎ,再び貴族の不信を招いた。次の幽王は失政が多く,そのうえ,申皇后と太子宜臼を廃して,愛妾褒姒(ほうじ)を皇后,その子伯服を太子にしたため,前771年内乱が起き,その機に南下した北の犬戎によって幽王は殺され,周王朝は滅亡した。もとの太子宜臼は東の成周に逃れ,前770年即位して平王となった。…

【褒姒】より

…中国,西周の末王,幽王の妃。幽王は彼女を寵愛したために国を滅ぼしたとされる。…

※「幽王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

幽王の関連キーワード天応光仁天皇光仁天皇光仁天皇僧位認知紫雲丸事故紫雲丸事故緊急保証制度裁判員経験者へのアンケート

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone