コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

封入体脳炎 ふうにゅうたいのうえんinclusion body encephalitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

封入体脳炎
ふうにゅうたいのうえん
inclusion body encephalitis

脳細胞,ことに星状細胞や神経膠細胞の中に大きい核内性封入体がみられる脳炎をいう。複数のウイルスによるものが含まれており,急性症からは単純ヘルペスウイルスが,亜急性症からは風疹ウイルスが分離されている。発生は季節を問わない。急性症は小児から高齢者までに起り,発熱,けいれん,錯乱,昏睡などで始る。死亡率は 30%と高く,生存者も大半がコルサコフ症候群痴呆のような後遺症を残す。亜急性および慢性症は小児および青年を侵す。症状は徐々に進行する痴呆とミオクローヌスてんかん,小脳失調症である。進行性で,2~3ヵ月から2~3年以内に死亡する。最近は抗ウイルス剤による治療が試みられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android