コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

封印切 フウインキリ

デジタル大辞泉の解説

ふういん‐きり【封印切】

浄瑠璃「冥途(めいど)の飛脚」の中の巻の通称。八右衛門の悪口に逆上した忠兵衛が、屋敷の金300両の封印を切って八右衛門にたたきつける場面。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふういんきり【封印切】

浄瑠璃「冥途の飛脚」の中巻、忠兵衛が梅川を身請けするために為替金の封印を切る場面の通称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

封印切
ふういんきり

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

封印切の関連キーワード竹本 越路太夫(4代目)竹本 越路大夫(4代目)市川 団之助(6代目)実川 延若(3代目)梅川/忠兵衛上方歌舞伎冥途の飛脚竹本綱太夫竹沢弥七実川延若浄瑠璃為替金冥途飛脚ぐち和事梅川

封印切の関連情報