尊体(読み)そんたい

精選版 日本国語大辞典「尊体」の解説

そん‐たい【尊体】

〘名〙
神仏・貴人または広く他人のからだ・肖像などを敬っていう
※米沢本沙石集(1283)一「夢に大明神物語あり。〈略〉然ればかく親(まのあたり)尊体(ソンタヒ)を拝し、御言(ことば)をも承る」
② 手紙などで、相手のからだを敬っていう語。
※往生要集(984‐985)末文「伏惟法位無動。体有泰」 〔朱熹‐答呂伯恭書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「尊体」の解説

そん‐たい【尊体】

他人を敬って、その身体をいう語。おからだ。
肖像・仏像などを敬っていう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android