コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊祐入道親王 そんゆうにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(尊祐入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊祐入道親王 そんゆうにゅうどうしんのう

1697-1747 江戸時代中期,邦永(くになが)親王の第2王子。
元禄(げんろく)10年9月25日生まれ。霊元天皇の養子。宝永7年親王となり,青蓮院(しょうれんいん)にはいり出家した。正徳(しょうとく)4年天台座主(ざす)となる。書にすぐれた。延享4年9月16日死去。51歳。俗名は庶康(もろやす)。幼称は寛宮(ひろのみや)。法号は蓮華寿院。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尊祐入道親王の関連キーワード桂川甫筑宮崎安貞元禄の大火宮崎安貞ポーランド史中村蘭林上山藩竹田出雲(初代)桃園天皇ハイチ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone