コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尋憲 じんけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尋憲 じんけん

1529-1586* 戦国-織豊時代の僧。
享禄(きょうろく)2年生まれ。二条尹房(ただふさ)の子。法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)興福寺大乗院門跡(もんぜき),興福寺別当,大僧正となる。永禄(えいろく)5年から天正(てんしょう)5年までの日記「尋憲記」をのこした。天正13年11月20日死去。57歳。通称は大乗院殿。号は理趣院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尋憲の関連キーワード越前紙奉書享禄

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android