尋憲(読み)じんけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尋憲 じんけん

1529-1586* 戦国-織豊時代の僧。
享禄(きょうろく)2年生まれ。二条尹房(ただふさ)の子。法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)興福寺大乗院門跡(もんぜき),興福寺別当,大僧正となる。永禄(えいろく)5年から天正(てんしょう)5年までの日記「尋憲記」をのこした。天正13年11月20日死去。57歳。通称は大乗院殿。号は理趣院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android