尋繹(読み)じんえき

精選版 日本国語大辞典「尋繹」の解説

じん‐えき【尋繹】

〘名〙 物事の意味などを追究すること。たずね調べること。研究すること。
※菅家文草(900頃)四・仁和四年自春不雨府之少北有一蓮池「尋凡夫機利鈍混成楽処善因縁」
※真善美日本人(1891)〈三宅雪嶺〉日本人の本質「其の原理を尋繹敷して」 〔漢書‐黄覇伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「尋繹」の解説

【尋繹】じんえき

たずねきわめる。〔漢書、循吏、黄覇伝〕(諸令)初め煩碎なるが(ごと)し。然れども力能(よ)く之れを推行す。の見る、語繹し、(た)(他)の陰伏を問ひ、以て相ひ參考す。

字通「尋」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android