小しょうが

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

小しょうが[根菜・土物類]
こしょうが

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
奈良市や生駒郡平群町などの山麓は、砂質土壌栽培に向いていたことから、昭和初期まで一大産地を成していた。現在は奈良市で香りの良い在来種がごくわずかに生産されている。大しょうがより小さく、辛みが強い。薄いピンク色。甘酢漬けによく使われるほか生姜湯にも利用される。大和野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android