コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小久保裕紀 こくぼひろき

2件 の用語解説(小久保裕紀の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

小久保裕紀

プロ野球選手(内野手)、野球解説者。1971年10月8日、和歌山県生まれ。青山学院大学卒業後の94年にドラフト2位で福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)に入団。95年に本塁打王、97年に打点王を獲得した。99年は4番打者として活躍し、球団初のリーグ優勝と日本一達成に貢献。2000年にはリーグ連覇に尽力した。04~06年は読売ジャイアンツプレーしたが、07年に福岡ソフトバンクホークスに復帰。10年には7年ぶりのリーグ優勝に貢献した。11年には史上16人目のプロ通算400本塁打を達成して8年ぶりの日本一に貢献し、最年長記録を更新する40歳での日本シリーズMVPを受賞。シーズン限りでの引退を表明した12年には2000本安打を達成した。引退後の13年より野球解説者を務めていたが、同年10月2日、野球日本代表「侍ジャパン」の新監督に内定した。

(2013-10-7)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小久保裕紀 こくぼ-ひろき

1971- 平成時代のプロ野球選手。
昭和46年10月8日生まれ。内野手。右投げ右打ち。平成4年バルセロナオリンピック日本代表に大学生で唯一選ばれ,翌年には青山学院大の主将をつとめて大学野球日本一に貢献。6年ドラフト2位で福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)に入団。7年より二塁手レギュラーとなり,同年本塁打王(28本),9年打点王(114打点)。15年読売ジャイアンツに移籍。18年フリーエージェント宣言で福岡ソフトバンクホークスに復帰。23年日本シリーズ最高殊勲選手(MVP)に選ばれた。24年2000本安打を達成。同年引退。公式戦生涯記録は2041安打,打率2割7分3厘,1304打点,413本塁打。25年日本代表(侍ジャパン)監督。和歌山県出身。青山学院大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小久保裕紀の関連キーワード内野日本プロ野球選手会プロ野球選手会労組外野手内野手福岡ドンタクズプロ野球aiプロ野球チップス佐々木信也

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小久保裕紀の関連情報