コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出恵知 こいで えち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小出恵知 こいで-えち

1749-1821 江戸時代中期-後期の女性。
寛延2年生まれ。21歳のとき幕臣小出大助と結婚。礼節をおもんじて質素を旨とし,夫の父母によくつかえ,子供の教育にあたる。内助の功いちじるしく,夫は端役から江戸城二丸留守居まで昇進した。文政4年死去。73歳。本姓は浅田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小出恵知の関連キーワードファナリオテスバイロンマンゾーニ丸山権太左衛門ゲーテ信達騒動怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)信達一揆吉田藩(三河国)レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)