コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出英貞 こいで ふささだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小出英貞 こいで-ふささだ

1684-1744 江戸時代中期の大名。
天和(てんな)4年2月16日生まれ。小出英利(ふさとし)の子。宝永2年丹波園部(そのべ)藩(京都府)藩主小出家4代となる。奏者番兼寺社奉行をへて,西丸若年寄にすすむ。享保(きょうほう)14年江戸藩邸に講堂をつくった。延享元年11月19日死去。61歳。通称は大学。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小出英貞の関連キーワード小出英持

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android