コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小切る コギル

2件 の用語解説(小切るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐ぎ・る【小切る】

[動ラ五(四)]
小さく区切る。
「彼の体を心配して…お豊が酒を―・るのも」〈里見弴多情仏心
値切る。
「値段はもっと―・ることが出来るし」〈武田銀座八丁

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こぎる【小切る】

( 動五[四] )
ちいさく区切る。少しずつ区切って分ける。 「奥方と目配めくばせを為合つて、兎角銚子を-・つて不可いかん/婦系図 鏡花
値切る。 「価あたいは-・りますまい/狂言記・仏師」
[可能] こぎれる

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone