コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀座八丁 ぎんざはっちょう

世界大百科事典 第2版の解説

ぎんざはっちょう【銀座八丁】

武田麟太郎の長編小説。1934年(昭和9)《朝日新聞》夕刊に連載,35年改造社刊。36年《続銀座》を《モダン日本》に連載。浅草の安アパートに住む下層庶民の群像を描いた《日本三文オペラ》(1932)で定着させた〈市井事もの〉の作風を長編の風俗小説として成功させた作品。ファシズム台頭の時代を背景に,銀座の酒場に出入りする階層の頽廃した生態が描かれている。【高橋 春雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の銀座八丁の言及

【銀座】より

…東京あるいは日本を代表する高級商店街として世界的に知られる。行政地名としての銀座は中央通り(かつての銀座八丁で,銀座通りともいう)をはさむ広い範囲に及んでいる。交通の便がよく,近くにホテルや劇場,映画館も多い。…

※「銀座八丁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

銀座八丁の関連キーワード武田 麟太郎菊岡 久利ビヤホール新聞小説小切る京橋

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銀座八丁の関連情報