コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀座八丁 ぎんざはっちょう

世界大百科事典 第2版の解説

ぎんざはっちょう【銀座八丁】

武田麟太郎長編小説。1934年(昭和9)《朝日新聞》夕刊に連載,35年改造社刊。36年《続銀座八丁》を《モダン日本》に連載。浅草の安アパートに住む下層庶民の群像を描いた《日本三文オペラ》(1932)で定着させた〈市井事もの〉の作風を長編の風俗小説として成功させた作品。ファシズム台頭の時代を背景に,銀座の酒場に出入りする階層の頽廃した生態が描かれている。【高橋 春雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎんざはっちょう〔ギンザハツチヤウ〕【銀座八丁】

武田麟太郎中編小説。銀座のバーを舞台とする群像劇で、昭和9年(1934)8月から10月にかけて朝日新聞に連載。同名の作品集は昭和10年(1935)刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の銀座八丁の言及

【銀座】より

…東京あるいは日本を代表する高級商店街として世界的に知られる。行政地名としての銀座は中央通り(かつての銀座八丁で,銀座通りともいう)をはさむ広い範囲に及んでいる。交通の便がよく,近くにホテルや劇場,映画館も多い。…

※「銀座八丁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銀座八丁の関連キーワード清水宏島津保次郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助シュペーア久松静児

銀座八丁の関連情報