コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田麟太郎 たけだりんたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武田麟太郎
たけだりんたろう

[生]1904.5.15. 大阪
[没]1946.3.31. 藤沢
小説家。第三高等学校を経て 1926年東京大学仏文科に入学したが,まもなく中退。『暴力』 (1929) によって一躍プロレタリア作家としての地位を確立。転向後は井原西鶴の写実主義の手法を取入れて『日本三文オペラ』 (32) ,『釜ヶ崎』 (33) ,『銀座八丁』 (34) ,『一の酉』 (35) などを書き,川端康成小林秀雄,林房雄らと『文学界』を発刊 (33) する一方,独力で『人民文庫』を創刊 (36) 。ほかに『井原西鶴』 (36~37,未完) ,『大凶の籤 (くじ) 』 (39) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たけだ‐りんたろう〔‐リンタラウ〕【武田麟太郎】

[1904~1946]小説家。大阪の生まれ。新感覚派的手法による小説「暴力」でプロレタリア文学の作家として出発、のち市井(しせい)の庶民の生態を描いた「日本三文オペラ」などを発表。雑誌「人民文庫」を主宰。ほかに「銀座八丁」「一の酉(とり)」「井原西鶴」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

武田麟太郎【たけだりんたろう】

小説家。大阪生れ。東大仏文中退。1929年発表の《暴力》でプロレタリア作家として認められた。西鶴から示唆をえて,市井事物といわれる《日本三文オペラ》《一の酉》《銀座八丁》等を書き,日本浪曼派の詩精神に反発し,1936年,散文精神を唱えて文芸雑誌《人民文庫》を創刊した。
→関連項目織田作之助風俗小説文学界

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田麟太郎 たけだ-りんたろう

1904-1946 昭和時代前期の小説家。
明治37年5月9日生まれ。帝大セツルメントに参加して労働組合運動にかかわる。反戦小説「暴力」などでプロレタリア作家として出発。のち井原西鶴に傾倒し,庶民の生活感情をえがく「日本三文オペラ」など「市井事もの」とよばれる風俗小説を発表。昭和11年「人民文庫」を創刊。昭和21年3月31日死去。43歳。大阪出身。東京帝大中退。作品はほかに「銀座八丁」「一(いち)の酉(とり)」など。
【格言など】作家は四十過ぎから(「年齢と小説」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たけだりんたろう【武田麟太郎】

1904‐46(明治37‐昭和21)
小説家。大阪市生れ。1926年(昭和1)三高卒業,東京帝大文学部仏文科に入るがほとんど教室に出ず,中学以来の友人藤沢桓夫らの拠る《辻馬車》の同人に加わり,また本所柳島の帝大セツルメントで活動したり,労働運動にも共鳴するようになった。27年大学を除籍される一方でプロレタリア芸術連盟に参じた。29年《文芸春秋》に載せて発禁を招いた《暴力》などで職業作家として認められ,《反逆の呂律》(1930)ほかを刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たけだりんたろう【武田麟太郎】

1904~1946) 小説家。大阪生まれ。新感覚派的な短編風俗小説から出発、のち市井の庶民の生活感情をとらえた「日本三文オペラ」「銀座八丁」などを書いた。日本浪漫派に対抗、散文精神を主張して「人民文庫」を主宰した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武田麟太郎
たけだりんたろう
(1904―1946)

小説家。明治37年5月9日、大阪市に生まれる。父武田左二郎、母すみゑの長男。旧制三高を経て東京帝国大学仏文科に進む。その間同人雑誌『真昼』を創刊。藤沢桓夫(たけお)らの『辻馬車(つじばしゃ)』に参加する。このころから帝大セツルメントの仕事をするなど組合運動にも加わり、その体験を生かして『暴力』(1929)などプロレタリア文学作品を書く。しかし一方その政治主義的偏向から脱出しようとして『日本三文オペラ』(1932)のような庶民的な視点で当時の風俗を描いたいわゆる「市井事もの」の筆をとった。1933年(昭和8)には川端康成(かわばたやすなり)、小林秀雄(ひでお)らと『文学界』創刊に参加。『銀座八丁』(1934)、『下界の眺め』(1935~36)など新聞連載という形で当時の風俗を描き出している。1936年には『人民文庫』を創刊し、「日本浪曼派」の詩精神に対抗して散文精神を主張。その雑誌に、傾倒する井原西鶴(さいかく)について連載小説の形で書く。太平洋戦争中には徴用作家としてジャワへ行ったが、このころにめぼしい作品はない。彼の小説は志賀直哉(なおや)、横光利一(よこみつりいち)、プロレタリア文学、西鶴などの影響を受けたが、庶民的視点によって庶民を描くという点では終始変わることがなかった。昭和21年3月31日、肝硬変で死亡。[遠矢龍之介]
『『武田麟太郎全集』全三巻(1977・新潮社) ▽大谷晃一著『評伝武田麟太郎』(1982・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

武田麟太郎の関連キーワード川端康成(年譜)武田 麟太郎志村 立美田村泰次郎平林 彪吾生活の探求本庄 陸男円地 文子矢田津世子崎本 はる堀野正雄高見 順転向文学新聞小説那珂孝平湯浅克衛荒木 巍田宮虎彦高見順荒木巍

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android