コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小判草 コバンソウ

デジタル大辞泉の解説

こばん‐そう〔‐サウ〕【小判草】

イネ科の一年草。高さ30~40センチ。夏、小判形をした穂を垂れ、熟すと黄緑色になる。ヨーロッパの原産で明治年間に渡来。たわらむぎ。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こばんそう【小判草】

イネ科の一年草。ヨーロッパ原産。明治初年に渡来し、観賞用に栽培。高さ約50センチメートル。葉は線形。六月頃、茎頂のまばらな円錐花序に楕円形で淡黄緑色の小穂を下垂してつける。タワラムギ。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

小判草 (コバンソウ)

学名:Briza maxima
植物。イネ科の一年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

小判草の関連キーワード円錐花序楕円形小穂

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android