コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小南五郎 こみなみ ごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小南五郎 こみなみ-ごろう

1812-1882 江戸後期-明治時代の武士,官僚。
文化9年10月生まれ。土佐高知藩士。大目付をつとめ,藩主山内豊信(とよしげ)の側用役となる。文久3年藩論が公武合体に一変し,土佐勤王党が弾圧されるとともに謹慎を命じられる。慶応3年(1867)大目付に復職,維新後は高知藩権(ごんの)大参事などを歴任した。明治15年2月22日死去。71歳。名は良和。通称ははじめ五郎右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小南五郎の関連キーワード平井収二郎

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android