小南又一郎(読み)こみなみ またいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小南又一郎 こみなみ-またいちろう

1883-1954 大正-昭和時代の法医学者。
明治16年7月27日生まれ。岡山医大教授などをへて大正13年京都帝大教授。法医学講座を担当し,性格異常や飲酒と犯罪の関係を研究。おおくの事件の法医学鑑定もおこなった。昭和29年11月6日死去。71歳。京都帝大卒。著作に「実用法医学」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android