コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小又峡 コマタキョウ

2件 の用語解説(小又峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こまた‐きょう〔‐ケフ〕【小又峡】

秋田県北部にある渓谷。森吉山の北東を流れる小又川の支流ノロ川の下流部にある全長6キロメートルの谷。奇岩・滝・甌穴(おうけつ)などが多い景勝地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小又峡
こまたきょう

秋田県中北部、北秋田市森吉(もりよし)を西流する小又川の上流にある渓谷。森吉ダムの人造湖である太平(たいへい)湖に注ぐ小又川とその分流の侵食で両岸が絶壁の深い峡谷となり、滝、甌穴(おうけつ)などをつくり変化に富む。多くの滝のうち三階滝(さんかいのたき)が最大で、谷壁の斜面はスギ、クロベ、キタゴヨウ、ヒノキアスナロなどの原生林である。県の名勝および天然記念物に指定され、森吉山県立自然公園に含まれる。1978年(昭和53)付近でクマゲラの生息が確認された。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小又峡の関連キーワード足羽川阿仁川鷹巣盆地森吉山宇陀北秋田抱返渓谷道志渓谷西沢渓谷白鳳渓谷

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小又峡の関連情報