コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小又峡 コマタキョウ

2件 の用語解説(小又峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こまた‐きょう〔‐ケフ〕【小又峡】

秋田県北部にある渓谷。小又川の支流ノロ川の下流部にある全長6キロメートルの谷で、奇岩・滝・甌穴(おうけつ)などが多い景勝地。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小又峡
こまたきょう

秋田県中北部、北秋田市森吉(もりよし)を西流する小又川の上流にある渓谷。森吉ダムの人造湖である太平(たいへい)湖に注ぐ小又川とその分流の侵食で両岸が絶壁の深い峡谷となり、滝、甌穴(おうけつ)などをつくり変化に富む。多くの滝のうち三階滝(さんかいのたき)が最大で、谷壁の斜面はスギ、クロベ、キタゴヨウ、ヒノキアスナロなどの原生林である。県の名勝および天然記念物に指定され、森吉山県立自然公園に含まれる。1978年(昭和53)付近でクマゲラの生息が確認された。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小又峡の関連情報