コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小回り コマワリ

デジタル大辞泉の解説

こ‐まわり〔‐まはり〕【小回り】

小さな円を描いて回ること。⇔大回り
細かな身のこなし。また、状況に応じたすばやい動き。「小回りのきく自動車」
能や舞踊などで、舞台の一か所で小さく回ること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こまわり【小回り】

小さな回転半径でまわること。 ↔ 大回り 「 -がきく車」
状況に素早く対応できること。 「組織が大きくなり過ぎて-がきかない」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

小回りの関連キーワード日野T11B+T25型トレーラーバスマツダ車速感応型4WSシステム米海軍沿岸海域戦闘艦(LCS)ステーション・ブレークシュテムウェーデルンハンドル型電動車いすベンチャー・ビジネス立ち乗り電動二輪車セビーリャの理髪師キャッチャーボートダイハツシャレードターレットトラック翼(よく 動物)日野 ポンチョフォークリフトバンダイ(株)福岡中央銀行最小回転半径メガホイールウェーデルン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小回りの関連情報