コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大回り オオマワリ

3件 の用語解説(大回りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おお‐まわり〔おほまはり〕【大回り】

[名](スル)
大きな円弧を描いて回ること。また、道の曲がり角などを大きく外側にふくらんで回ること。⇔小回り
遠くを通って目的地まで行くこと。遠回り。「道が不通になったので大回りして行く」
歌舞伎などで、役者が舞台を大きくひと回りすること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大回り

JRの旅客営業規則により、東京、大阪、福岡、新潟の指定区間(近郊区間)で特別に認められた乗車方法の通称。実際の乗車経路に関係なく、最も安い経路で運賃計算できる。同じ駅を2度通らず、乗車経路が重複しないことが条件。有効期間は1日。途中下車はできない。近畿地方では、湖西線などで琵琶湖を一周するルートも有名。

(2011-01-11 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおまわり【大回り】

大きな弧を描いて回ること。また、道の角かどを、外側にふくらんで回ること。 ↔ 小回り
遠回りして行くこと。
能や歌舞伎で、役者が、舞台を大きく一回りすること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大回りの関連情報