硝酸銀(読み)しょうさんぎん(英語表記)silver nitrate

翻訳|silver nitrate

日本大百科全書(ニッポニカ)「硝酸銀」の解説

硝酸銀
しょうさんぎん
silver nitrate

銀の硝酸塩。純銀を硝酸に溶かした溶液を蒸発すると無水和物結晶が得られる。

 92.5%のエタノール(エチルアルコール)には15℃で100グラム当り3.8グラム溶け、アセトンにわずかに溶ける。無水エタノール、ベンゼンには難溶。アンモニア水にはよく溶ける。水溶液は中性。光に安定であるが、有機物に触れると還元されて銀を析出し黒色となる。酒石酸、ショ糖、アルデヒドなどにより、アンモニアアルカリ性水溶液を還元するとガラス壁などに銀をつくることができる。タンパク凝固作用があり、皮膚、組織を腐食するが、このことはきわめて古くから知られており(700年ごろにつくられている)、硝酸銀棒のことをlunar causticといっている。

 写真工業での臭化銀製造の原料として広く用いられており、銀めっき、銀鏡の製造原料として用いられる。医薬品としては外用として防腐剤、収斂剤(しゅうれんざい)、化学では各種試薬として、そのほか陶磁器の着色用に用いられる。劇薬(致死量10グラム)。密栓し、遮光して保存する必要がある。

[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「硝酸銀」の解説

硝酸銀
ショウサンギン
silver nitrate

AgNO3(169.87).金属銀を硝酸に溶解後,溶液を蒸発すると得られる.無色の斜方晶系板状晶.密度4.35 g cm-3.159.6 ℃ 以上で六方晶系(密度4.19 g cm-3)に転移する.融点212 ℃.融点以上に加熱するとAgNO2と O2 になり,さらに440 ℃ で加熱するとAgとNO2になる.水に易溶,エタノールに微溶.有機物が共存しなければ,固体も水溶液も光に対して安定である.銀めっき材料,写真感光剤,分析試薬,殺菌剤触媒,鏡,インキ製造,外用医薬などに用いられる.タンパク質凝固作用があり,皮膚,組織をおかす.有毒.[CAS 7761-88-8]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「硝酸銀」の解説

硝酸銀
しょうさんぎん
silver nitrate

化学式 AgNO3 。無色結晶。融点 212℃。有毒。有機物を含むと光によって徐々に黒化する。水,アルコールに可溶。写真乳剤,鏡,銀メッキ液,各種銀塩の製造,毛髪染め,陶磁器の着色,分析用試薬などに用いられるが,古代エジプトにおいてすでに用いられた最古の医薬品の1つである。その濃度に応じて腐食,消毒殺菌収斂の作用を示す。新生児に対する1~2%の点眼薬,その他,口内炎,歯頸部知覚過敏症などに用いられるが,その作用は表在的なものであり,組織の深部には到達しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「硝酸銀」の解説

硝酸銀【しょうさんぎん】

化学式はAgNO3比重4.35,融点212℃。無色無臭,苦い味がある結晶。水,アルコールに可溶。有毒。銀塩の原料,分析試薬,銀めっき,写真の感光材料製造原料などとするほか,収斂(しゅうれん)・殺菌剤として医薬などに使用。銀を濃硝酸に溶かしてつくる。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「硝酸銀」の解説

しょうさん‐ぎん セウサン‥【硝酸銀】

〘名〙 銀の硝酸塩。化学式 AgNO3 無色透明の斜方晶系結晶。劇薬。写真用臭化銀、銀メッキ、銀鏡などの製造原料として用いるほか、陶磁器の着色、分析試薬、医薬品などに用いられる。
※舎密開宗(1837‐47)内「消酸銀は水にも亜爾箇児にも溶解す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「硝酸銀」の解説

しょうさん‐ぎん〔セウサン‐〕【硝酸銀】

銀を硝酸に溶かして得られる無色透明な板状結晶。水によく溶け、銀イオンの試薬として常用されるほか、感光乳剤製造や銀めっき、医薬品などに使用。化学式AgNO3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「硝酸銀」の解説

しょうさんぎん【硝酸銀 silver nitrate】

化学式AgNO3。銀を濃硝酸に溶解した溶液から無色,斜方晶系の結晶として得られる。熱すると159.6℃で六方晶系となる。融点212℃,融解するとやや黄色を帯びるが,冷却固化すれば再び無色となる。比重4.35。潮解性はない。純粋であれば光に当たっても変化しないが,有機物が痕跡量でも存在すれば光還元反応を起こし銀が析出するので,通常硝酸銀固体または水溶液の容器のふたのあたりは黒変している。350℃まで加熱しても安定であるが,444℃で分解し,金属銀,酸素窒素窒素酸化物を生ずる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の硝酸銀の言及

【殺菌剤】より

…水銀剤としてはオキシシアン化水銀やマーキュロクロム(メルブロミン),チメロサールなどが知られているが,使用されているのはマーキュロクロムくらいのものである。その他の重金属塩類では硝酸銀が有名である。硝酸銀は古代エジプトで殺菌剤として用いられたといわれる。…

※「硝酸銀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android