コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小夜 福子 サヨ フクコ

20世紀日本人名事典の解説

小夜 福子
サヨ フクコ

大正・昭和期の女優



生年
明治42(1909)年3月5日

没年
平成1(1989)年12月29日

出生地
静岡県沼津市

本名
東郷 富美子

旧姓(旧名)
飯田

学歴〔年〕
宝塚音楽学校卒

経歴
大正11年宝塚少女歌劇団に入る。昭和2年からは男役をつとめ、葦原邦子とともに宝塚初期の黄金時代を築いた。15年宝塚を退団演出家の東郷静男と結婚。一時家庭の人となるが、18年第2次東宝劇団に参加。戦後は民芸に入り、名脇役として活躍した。主な出演作品に「その妹」「セールスマンの死」「アンネの日記」など。47年に民芸を退団、以後は映画、テレビで活躍をつづけ、最後の舞台は63年の宇野重吉一座の「三年寝太郎」だった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

小夜 福子
サヨ フクコ


職業
女優

本名
東郷 富美子

旧名・旧姓
飯田

生年月日
明治42年 3月5日

出生地
静岡県 沼津市

学歴
宝塚音楽学校卒

経歴
大正11年宝塚少女歌劇団に入る。昭和2年からは男役をつとめ、葦原邦子とともに宝塚初期の黄金時代を築いた。15年宝塚を退団、演出家の東郷静男と結婚。一時家庭の人となるが、18年第2次東宝劇団に参加。戦後は民芸に入り、名脇役として活躍した。主な出演作品に「その妹」「セールスマンの死」「アンネの日記」など。47年に民芸を退団、以後は映画、テレビで活躍をつづけ、最後の舞台は63年の宇野重吉一座の「三年寝太郎」だった。

没年月日
平成1年 12月29日 (1989年)

家族
夫=東郷 静男(演出家)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

小夜 福子 (さよ ふくこ)

生年月日:1909年3月5日
大正時代;昭和時代の宝塚スター,女優
1989年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

小夜 福子の関連キーワードわれ幻の魚を見たり伊藤 雄之助根岸 明美外野村 晋草笛 美子有島 一郎葦原 邦子天津 乙女宝塚歌劇団生年月日昭和時代藤間 紫劇団民芸轟夕起子非行少女石合戦旧姓旧名

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小夜 福子の関連情報