沼津市(読み)ぬまづ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沼津〔市〕
ぬまづ

静岡県東部,伊豆半島の基部,愛鷹山南斜面から駿河湾岸に広がる市。 1923年市制。 1944年片浜村,金岡村,大岡村,静浦村の4村,1955年愛鷹村,大平村,内浦村,西浦村の4村,1968年原町,2005年戸田村をそれぞれ編入。中心市街地の沼津狩野川の河口にあり,戦国時代には武田勝頼が三枚橋城を築城。江戸時代には水野氏の城下町と東海道の宿場町を兼ねて発展。 1889年東海道本線沼津駅開設により繊維工業が発達。近年は繊維のほか機械,電気機器などの工場が立地する。百貨店,大型商店が立ち並び,県東部の商工業の中心地。沼津港は西伊豆の物資集散地,伊豆観光の基地。千本松原,三津 (みと) ,大瀬崎などの景勝地がある。西部の原地区はかつての浮島ヶ原の低湿地で,集落は海岸の砂丘と愛鷹山の山麓に発達。休場遺跡,長浜城跡,興国寺城跡 (いずれも国指定史跡) がある。大瀬崎のビャクシン樹林は国の天然記念物。北東部の丘陵地にはゴルフ場が多い。一部は富士箱根伊豆国立公園に属する。 JR東海道本線,御殿場線,国道1号線などが通じ,東名高速道路のインターチェンジがある。面積 186.96km2人口 19万5633(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

沼津市の関連情報