コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小夫兵庫 おぶ ひょうご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小夫兵庫 おぶ-ひょうご

1826-1868 幕末の武士。
文政9年生まれ。讃岐(さぬき)高松藩の家老。鳥羽・伏見の戦いで小河久成(おごう-ひさしげ)とともに,藩兵を指揮して新政府軍とたたかう。高松藩朝敵事件の責任者として,慶応4年1月18日自刃(じじん)した。43歳。名は正容(まさしず)。号は梅渓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小夫兵庫の関連キーワードハウフ戊辰戦争バーラクザイ朝ハウフオーストラリア・ニュージーランド文学ブスケン・フートバンコク朝藩学一覧日本の医学史(年表)早竹虎吉(初代)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android