コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小室樵山 こむろ しょうざん

1件 の用語解説(小室樵山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小室樵山 こむろ-しょうざん

1842-1893 幕末-明治時代の書家。
天保(てんぽう)13年生まれ。江戸で萩原秋巌(しゅうがん)にまなぶ。細字が得意で,築地(つきじ)活版所や弘道軒の楷書(かいしょ)字母をかき,清朝体活字母型の基礎をつくった。のち俊徳塾をひらき,高田早苗(さなえ)らをそだてた。明治26年10月15日死去。52歳。本姓は高橋。名は正春。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小室樵山の関連キーワード遠山蘆山石井潭香小西有実佐瀬得所関雪江妹尾徳風高林二峰新岡旭宇平戸星洲巻菱潭

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone