コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小室樵山 こむろ しょうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小室樵山 こむろ-しょうざん

1842-1893 幕末-明治時代の書家。
天保(てんぽう)13年生まれ。江戸で萩原秋巌(しゅうがん)にまなぶ。細字が得意で,築地(つきじ)活版所や弘道軒の楷書(かいしょ)字母をかき,清朝体活字母型の基礎をつくった。のち俊徳塾をひらき,高田早苗(さなえ)らをそだてた。明治26年10月15日死去。52歳。本姓は高橋。名は正春。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小室樵山の関連キーワードゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)科学史ディーゼル黒田清輝ウィグモア北村透谷東京大学E. ロッド

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android