コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小室樵山 こむろ しょうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小室樵山 こむろ-しょうざん

1842-1893 幕末-明治時代の書家。
天保(てんぽう)13年生まれ。江戸で萩原秋巌(しゅうがん)にまなぶ。細字が得意で,築地(つきじ)活版所や弘道軒の楷書(かいしょ)字母をかき,清朝体活字母型の基礎をつくった。のち俊徳塾をひらき,高田早苗(さなえ)らをそだてた。明治26年10月15日死去。52歳。本姓は高橋。名は正春。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小室樵山の関連キーワードゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)科学史ディーゼル黒田清輝ウィグモア北村透谷東京大学E. ロッド