コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原秋巌 はぎわら しゅうがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原秋巌 はぎわら-しゅうがん

1803-1877 江戸時代後期の書家。
享和3年生まれ。巻菱湖(まき-りょうこ)の高弟で,一派をなす。宋(そう)(中国)の徽宗(きそう)の書体痩金書をこのんだ。明治10年2月19日死去。75歳。名は翬。字(あざな)は文侯。通称は唯助,自然。別号に古梁漁史など。編著に「墨苑異纂(ぼくえんいさん)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

萩原秋巌の関連キーワード歌沢能六斎高森 砕巌高斎単山小室樵山萩原乙彦

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android