コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原秋巌 はぎわら しゅうがん

美術人名辞典の解説

萩原秋巌

幕末・明治書家、名は翬、字は文侯、通称は祐助のち自然と改める。別号は古梁漁夫・大飛・松筠堂等。巻菱湖に書を学び、詩は宮沢雲山に学ぶ。主な著書に『書法薈粋』『十体源流』等。明治10年(1877)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原秋巌 はぎわら-しゅうがん

1803-1877 江戸時代後期の書家。
享和3年生まれ。巻菱湖(まき-りょうこ)の高弟で,一派をなす。宋(そう)(中国)の徽宗(きそう)の書体痩金書をこのんだ。明治10年2月19日死去。75歳。名は翬。字(あざな)は文侯。通称は唯助,自然。別号に古梁漁史など。編著に「墨苑異纂(ぼくえんいさん)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

萩原秋巌の関連キーワード歌沢能六斎高森 砕巌高斎単山小室樵山萩原乙彦