コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小宮山天香 こみやまてんこう

1件 の用語解説(小宮山天香の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

小宮山天香【こみやまてんこう】

新聞記者,小説家,翻訳家。常陸生れ。1882年から《日本立憲政党新聞》にエルクマン・シャトリアンの小説の翻訳《革命余聞 勇婦テレーズ伝》を連載。1887年からは小説《冒険企業 聯島大王》を連載した。
→関連項目印税

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の小宮山天香の言及

【印税】より

…欧米では部数によって印税率を段階的に増加ないし減少させる例があるが,日本ではそれほど採用されていない。印税royaltyの制度は,19世紀にヨーロッパで行われるようになったが,日本では1886年小宮山天香が《慨世史談・断蓬奇縁》(エルクマン・シャトリアン著《マダム・テレーズ》の訳)の出版に際して鳳文館と交わした契約が最初とされ,そのころから著作権者が書籍の各冊に押印した印紙をはり(検印という),発行部数のあかしとすることが長い間の慣行となった。印税という語は,この検印に基づく支払方法が印紙税のそれと似通っていることに由来する。…

※「小宮山天香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小宮山天香の関連キーワード宇田川文海小林蹴月バルビュス新聞記者遅塚麗水松原二十三階堂黒田湖山佐藤亮一(1)沢田撫松柴田かよ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone