コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小宮山弥太郎 こみやま やたろう

2件 の用語解説(小宮山弥太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小宮山弥太郎 こみやま-やたろう

1828-1920 幕末-明治時代の大工。
文政11年10月20日生まれ。はじめ江戸田安家の作事頭(がしら)(棟梁(とうりょう))。明治6年山梨県権令(ごんれい)に就任した藤村紫朗(しろう)の意向をうけ,県立勧業製糸場,県立病院などの建設の棟梁をつとめた。作品は和洋の折衷式建築で,のち「藤村式」とよばれた。大正9年5月8日死去。93歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。名は正広。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小宮山弥太郎

没年:大正9.5.8(1920)
生年:文政11(1828)
幕末明治期の甲府の大工。幕末には徳川家三卿のひとつ田安家の作事頭であったという。明治6(1873)年藤村紫朗が山梨県の権令(のち県令)に就いて,後年「藤村式」と呼ばれることになる洋風の産業建築・官公庁建築を推進したが,小宮山は梁木学校,琢美学校,勧業製糸場(いずれも1874年),師範学校(1875),県庁舎(1877)など主要建築の棟梁を務めた。明治20年藤村県令の愛媛県転任に伴って松山に移り,同県庁舎などを手がけている。<参考文献>藤森照信「都市 建築」(日本近代思想大系19巻)

(越野武)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小宮山弥太郎の関連キーワード伊佐岑満四条春子江戸幕府大工頭甲府城熾仁親王幕末十五代(徳川十五代)徳川綱教徳川義宜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小宮山弥太郎の関連情報