コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小宮山清三 こみやま せいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小宮山清三 こみやま-せいぞう

1880-1933 大正-昭和時代前期の村長。
明治13年6月27日生まれ。大正3年山梨県池田村の村長となり,農村の近代化,近代的消防の育成につとめる。また柳宗悦(むねよし)とともに木喰(もくじき)仏の発見と紹介につくした。昭和6年県会議員。昭和8年11月4日死去。54歳。東京専門学校(現早大)卒。旧姓は長谷部。著作に「消防道要領」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小宮山清三の関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android