小宮山清三(読み)こみやま せいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「小宮山清三」の解説

小宮山清三 こみやま-せいぞう

1880-1933 大正-昭和時代前期の村長
明治13年6月27日生まれ。大正3年山梨県池田村の村長となり,農村近代化,近代的消防育成につとめる。また柳宗悦(むねよし)とともに木喰(もくじき)の発見と紹介につくした。昭和6年県会議員。昭和8年11月4日死去。54歳。東京専門学校(現早大)卒。旧姓長谷部。著作に「消防道要領」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android