小宿(読み)コヤド

デジタル大辞泉の解説

こ‐やど【小宿】

小さな宿。ちょっと泊まる宿。
江戸時代、奉公人が暇をとったときに身を寄せる宿。男女が密会に使ったり、時には、私娼も置いたりした。中宿(なかやど)。出合い宿。
「おのが心まかせの男狂ひ、―を替へて逢ふこと」〈浮・一代男・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こやど【小宿】

ちょっとした宿。
近世、若者組の泊まり宿。男女の密会に用いたり、私娼をおいたりした。 「おのがこころまかせの男狂ひ-を替へてあふ事/浮世草子・一代男 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐やど【小宿】

〘名〙
① ちょっとした宿。短期間泊る宿。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)八「舎之於上舎とはまづ小(コ)やどを取てをく事ぞ」
江戸時代、若者組の泊り宿。男女の密会に用いられた宿。私娼を置くものもあった。出合宿。中宿
浮世草子好色一代男(1682)三「おのが心まかせの男ぐるひ、小宿(コヤド)を替てあふ事〈略〉親方の手前もはぢず」
③ 江戸時代、港湾都市にあった宿屋。入津(いりつ)の廻船宿として船主の諸用を達した付船に対し、船乗り、水夫の宿泊を引き受けるもの。大坂、新潟、敦賀、松前等の集散港に多く存在し、次第に商品の売買をも営み、船乗り、水夫の帆待ちの物品売りさばきの委託をうけて口銭を得、年行司を定めるところもあった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小宿の関連情報