コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山初代 おやま はつよ

1件 の用語解説(小山初代の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山初代 おやま-はつよ

1912-1944 昭和時代前期の女性。
明治45年3月10日生まれ。紅子(べにこ)の名で青森の芸者置屋野沢家に籍をおく。昭和2年太宰治(だざい-おさむ)と出あい,6年上京し同棲する。11年太宰の入院中に太宰の親戚の学生とあやまちをおかし,衝撃をうけた太宰と心中をはかるが未遂におわり,離別した。昭和19年7月23日死去。33歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山初代の関連キーワードもの派カリブ文学光の科学史沖縄戦直木賞新藤兼人軍艦小事典北欧演劇バーブ明治天皇

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone