コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山初代 おやま はつよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山初代 おやま-はつよ

1912-1944 昭和時代前期の女性。
明治45年3月10日生まれ。紅子(べにこ)の名で青森の芸者置屋野沢家に籍をおく。昭和2年太宰治(だざい-おさむ)と出あい,6年上京し同棲する。11年太宰の入院中に太宰の親戚の学生とあやまちをおかし,衝撃をうけた太宰と心中をはかるが未遂におわり,離別した。昭和19年7月23日死去。33歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小山初代の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門カミュスタージェスもの派レジスタンス文学カリブ文学内閣総理大臣エレクトロニクス史(年表)白瀬矗