小山初代(読み)おやま はつよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山初代 おやま-はつよ

1912-1944 昭和時代前期の女性。
明治45年3月10日生まれ。紅子(べにこ)の名で青森の芸者置屋野沢家に籍をおく。昭和2年太宰治(だざい-おさむ)と出あい,6年上京し同棲する。11年太宰の入院中に太宰の親戚の学生とあやまちをおかし,衝撃をうけた太宰と心中をはかるが未遂におわり,離別した。昭和19年7月23日死去。33歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android