コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山完吾 こやま かんご

1件 の用語解説(小山完吾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山完吾 こやま-かんご

1875-1955 明治-昭和時代のジャーナリスト,政治家。
明治8年5月生まれ。妻の祖父福沢諭吉が創設した時事新報にはいり,大正15年社長に就任。この間,大正8年のパリ講和会議に全権随員として出席。また明治45年衆議院議員(政友会),昭和21年貴族院議員となった。昭和30年7月23日死去。80歳。長野県出身。慶応義塾卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の小山完吾の言及

【時事新報】より

…また1905年には関西進出を図り《大阪時事新報》を創刊したが,終始振るわなかった。大正期に入ってからは小山完吾(1875‐1955。1926年社長就任)らが中心となって第1次護憲運動に活躍し,第1次世界大戦後の一連の外交報道では四ヵ国条約のスクープなど伊藤正徳特派員らの活躍が光った。…

※「小山完吾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小山完吾の関連キーワード影のジャック井田一郎釘本衛雄須田禎一角田隆中村吉之丞西野元牧野雅楽之丞丸山幹治富田斅純

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone