コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山秀朝 おやま ひでとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山秀朝 おやま-ひでとも

?-1335 鎌倉-南北朝時代の武将。
下野(しもつけ)(栃木県)の守護,小山城主。元徳3=元弘(げんこう)元年鎌倉幕府大仏貞直(おさらぎ-さだなお)の軍にくわわり,笠置城,赤坂城などを攻める。正慶(しょうきょう)2=元弘3年新田義貞の反幕府の挙兵に応じて鎌倉を攻略。建武(けんむ)2年北条時行の中先代(なかせんだい)の乱で北条軍と武蔵(むさし)府中でたたかって敗れ,同年7月13日討ち死にした。初名は高朝。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山秀朝の関連キーワード白旗城西園寺公宗諏訪頼重護良親王南北朝時代(日本)イルハン国征東将軍竹下の戦い中先代中先代の乱

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone