コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大仏貞直 おさらぎさだなお

4件 の用語解説(大仏貞直の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大仏貞直
おさらぎさだなお

[生]?
[没]元弘3=正慶2(1333).5.22. 鎌倉
鎌倉時代末期の武将。宗泰の子。右馬助,陸奥守。元弘1=元徳3 (1331) 年,元弘の乱では朝廷方として笠置,赤坂両城攻略に戦功を立てたが,元弘3=正慶2 (33) 年,新田義貞の鎌倉攻めの際には,極楽寺坂稲村ヶ崎で防戦し,義貞方の武将脇屋義助の陣に突入して戦死。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大仏貞直 おさらぎ-さだなお

?-1333 鎌倉時代の武将。
大仏(北条)宣時(のぶとき)の孫。元徳3=元弘(げんこう)元年足利尊氏とともに京都にいき,大将として後醍醐(ごだいご)天皇の行在所笠置山,楠木正成の赤坂城を陥落させた。正慶(しょうきょう)2=元弘3年新田義貞の鎌倉攻めを極楽寺坂,稲村ケ崎でふせぎ,5月22日脇屋義助の陣に突入して討ち死にした。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大仏貞直

没年:正慶2/元弘3.5.22(1333.7.4)
生年:生年不詳
鎌倉末期の武将。大仏宗泰の子。鎌倉幕府引付衆に列し,元亨2(1322)年7月12日に引付頭人となる。官途は右馬助から陸奥守となった。元弘1(1331)年の元弘の変に際しては金沢貞冬,足利高氏と共に大将として上洛。9月28日に後醍醐天皇が籠る笠置山を攻めおとし,天皇を捕らえた。10月21日には楠木正成の赤坂城を攻略。貞直はこのころ遠江と佐渡の守護であった。鎌倉幕府が滅んだ元弘3(1333)年,新田義貞が鎌倉に攻め寄せると,極楽寺口の防衛を指揮して戦い,大館宗氏を討ち取るなどしたが,やがて同地で戦死。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大仏貞直
おさらぎさだなお
(?―1333)

鎌倉末期の武将。鎌倉大仏近くに住んだ大仏(おさらぎ)流北条宗泰(むねやす)の子。1322年(元亨2)引付頭(ひきつけのとう)。右馬助(うまのすけ)を経て31年(元弘1)陸奥守(むつのかみ)。同年9月、金沢貞冬(かねさわさだふゆ)、足利(あしかが)高氏(尊氏(たかうじ))とともに大将軍として上洛(じょうらく)、28日に後醍醐(ごだいご)天皇の拠(よ)る笠置山(かさぎやま)を陥れ、10月21日には楠木正成(くすのきまさしげ)の赤坂城を落とした。33年(元弘3・正慶2)5月の新田義貞(にったよしさだ)の鎌倉攻めに際し、極楽寺(ごくらくじ)口防衛軍の将として大館(おおだて)宗氏などを討ったが、22日、脇屋義助(わきやよしすけ)軍に突撃を敢行して戦死した。生前、遠江(とおとうみ)(静岡県)、佐渡(新潟県)などの守護でもあった。[奥富敬之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大仏貞直の関連キーワード鎌倉御所鎌倉殿大仏維貞大仏高直金沢貞冬二階堂行実二階堂行綱(1)二階堂行頼(1)武藤景泰結城朝村

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone