小島 丹漾(読み)コジマ タンヨウ

20世紀日本人名事典の解説

小島 丹漾
コジマ タンヨウ

昭和期の日本画家



生年
明治35(1902)年10月3日

没年
昭和50(1975)年9月27日

出生地
新潟市

経歴
15・6歳の頃上京、着物の染色図案家として出発。大智勝観に師事し、勝観没後は奥村土牛に学ぶ。昭和4年院展に初入選、11年再入選後、院展に出品を続ける。32年院展で「河口」が奨励賞、さらに45年を除く38年から48年まで連続して奨励賞を受賞。49年院展同人に推挙された。故郷新潟を題材に北国の四季、特に冬の風物を好んで描き続けた。代表作に「河口暮色」(絶筆)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android