コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥村土牛 おくむら とぎゅう

7件 の用語解説(奥村土牛の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

奥村土牛

日本画家。東京生。名は義三。梶田半古小林古径に学ぶ。巽画会・中央美術展、ついで再興院展に出品、その後同人となり、院展の主力として活躍する。院展理事長。芸術院会員文化勲章受章。平成2年(1990)歿、101才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おくむら‐とぎゅう〔‐トギウ〕【奥村土牛】

[1889~1990]日本画家。東京の生まれ。本名、義三。梶田半古小林古径に師事。深く温かい観照に基づく作風で知られる。文化勲章受章。
近藤啓太郎による、の評伝。昭和62年(1987)刊。第39回読売文学賞の随筆・紀行賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

奥村土牛【おくむらどぎゅう】

日本画家。本名義三。東京生れ。梶田半古小林古径に師事し,巽画会,中央美術展,院展に出品。古径の新古典主義見られるきびしい気品を受け継ぎながら,豊かな現実感に満ちた画面を構成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村土牛 おくむら-とぎゅう

1889-1990 大正-昭和時代の日本画家。
明治22年2月18日生まれ。38年梶田半古に入門,のち同門の小林古径(こけい)にまなぶ。昭和2年院展で「胡瓜(きゅうり)畑」が初入選,11年帝展で「鴨」が推奨第1位となる。22年芸術院会員。37年文化勲章。53年日本美術院理事長。東京芸大,武蔵野美大などでおしえた。平成2年9月25日死去。101歳。東京出身。本名は義三。自伝に「牛のあゆみ」。作品に「踊り子」「鳴門」など。
【格言など】芸術に完成はあり得ない。夢はどこまで大きく,未完成で終わるかである(晩年の口ぐせ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

おくむらとぎゅう【奥村土牛】

1889~1990) 日本画家。本名、義三。東京生まれ。梶田半古・小林古径に師事。理知的な構成感覚に新味を出した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥村土牛
おくむらどぎゅう

[生]1889.2.18. 東京
[没]1990.9.25. 東京
日本画家。本名,義三。梶田半古に学び,小林古径に師事。 1927年院展に『胡瓜畑』 (東京国立近代美術館) が初入選,32年同人に推挙され,47年日本芸術院会員となる。武蔵野美術大学女子美術大学の教授を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥村土牛
おくむらとぎゅう
(1889―1990)

日本画家。本名義三。東京・京橋に生まれる。1905年(明治38)梶田半古(かじたはんこ)の門に入り、20年(大正9)同門の先輩小林古径(こけい)の画室に住んでその指導を受ける。23年に日本美術院研究会員となり、翌年初めて院展に出品したが落選、しばらく制作上の迷いが続いた。27年(昭和2)第14回院展に『胡瓜畑(きゅうりばたけ)』が初入選、32年日本美術院同人に推された。36年の第1回帝展で『鴨(かも)』が推奨第一位になり、42年から第二次世界大戦後にかけて新文展、日展の審査員を務め、47年(昭和22)には帝国芸術院会員にあげられた。48年以降は院展を主とし清流会、彩交会などに出品している。対象は花鳥、人物、風景と幅広いが、篤実で深く温かみのある観照の姿勢が一貫し、『踊り子』『鳴門(なると)』『朝市の女』『醍醐(だいご)』『僧』などがよく知られる。44年から51年まで東京芸術大学講師。62年に文化勲章を受章した。[原田 実]
『奥村土牛著『牛のあゆみ』(1974・日本経済新聞社) ▽『現代日本画全集2 奥村土牛』(1981・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥村土牛の関連キーワード森白甫森谷南人子永田春水生田花朝伊藤謙二右近権左衛門(11代)斎藤真(1)藤井寛村山浩一安田半圃

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥村土牛の関連情報