コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島一伝斎 こじま いちでんさい

1件 の用語解説(小島一伝斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島一伝斎 こじま-いちでんさい

?-1862 江戸時代後期の武術家。
備後(びんご)(広島県)三原の人。一得流,河合流の剣,新蔭疋田流の槍(やり),平正流の鎖鎌(くさりがま)をまなぶ。三原で道場をひらき,おおくの門弟をそだてた。文久2年1月28日死去。本姓は沼田。名は紀武。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小島一伝斎の関連キーワードサイゴン条約黒住教有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵片岡市蔵(初代)菊池教中柴山愛次郎シーボルト

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone