コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川千甕 おがわ せんよう

2件 の用語解説(小川千甕の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小川千甕

日本画家。京都生。名は多三郎。仏画師の徒弟をつとめたのち、洋画を浅井忠に学び、二科展に油彩画を出品。のち南画に転じ院展、次いで日本南画院に作品を発表する。芭蕉・蕪村・良寛に私淑し、仏典・漢文・国文に造詣が深く、自らも和歌・俳句・随筆を能くした。昭和46年(1971)歿、90才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川千甕 おがわ-せんよう

1882-1971 明治-昭和時代の日本画家。
明治15年10月3日生まれ。仏画師北村敬重の弟子となり,浅井忠に洋画もまなぶ。大正4年川端竜子,小川芋銭(うせん)らと珊瑚(さんご)会を結成。油絵から日本画へ移行し院展に「田面の雪」「青田」などを出品。昭和7年日本南画院に参加。昭和46年2月8日死去。88歳。京都出身。本名は多三郎。代表作に「炬火乱舞」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小川千甕の関連キーワード大智勝観大倉邦彦甲斐青萍神阪松濤川村暘谷西丸いさ子佐久節平田松堂藤江志津若柳寿慶

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小川千甕の関連情報