コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川萍流 おがわ へいりゅう

美術人名辞典の解説

小川萍流

江戸中・後期の国学者・歌人。京都生。通称勇、初名布淑、号は九々園、落飾して萍流。小沢蘆庵の高弟で四天王の一人に数えられている。著書に『雅俗弁』がある。文政3年(1820)歿、65才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川萍流 おがわ-へいりゅう

1756-1820 江戸時代中期-後期の歌人。
宝暦6年生まれ。京極宮(桂宮)につかえた。小沢蘆庵(ろあん)にまなび,同門の四天王のひとり。文政3年2月27日死去。65歳。京都出身。名は布淑(のぶよし)。通称は勇。別号に九々園。著作に「雅俗弁」「麓塵集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例