コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小損害免責 ショウソンガイメンセキ

2件 の用語解説(小損害免責の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうそんがい‐めんせき〔セウソンガイ‐〕【小損害免責】

保険契約において、一定額または率に達しない損害については保険会社は填補の責任を負わないという特約制度。少額の損害まですべて填補しようとすると、損害の調査・支払い費用がかさんで保険料が高額になってしまうので、それを防止するための制度。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保険基礎用語集の解説

小損害免責

担保危険によって、損害が生じても、一定の率または額に達しない損害については、保険会社はてん補の責を免れるという特約を結ぶことがあります。この制度を小損害免責といいます。この小損害免責は、フランチャイズエクセス(ディダクティブル、フランチャイズ)の2種類に大別されます。フランチャイズは、損害が一定割合または一定額に達しない場合は、まったくてん補しないが、これらを超えた場合には、損害を全額てん補する方式をいい、エクセスは、損害が一定割合または一定額を超えない場合はまったくてん補せず、これらを超えた場合には、免責歩合(金額)を控除して、超過額だけをてん補する方式をいいます。貨物保険についてみると、貨物の種類によって、輸送中ある程度の小損害を被ることが通常であるもの、あるいは小損害を被る頻度が高いものがあります。このような貨物について、少額の損害や費用をすべててん補することにすれば、損害の調査、支払に要する費用もかかることから、保険料は高額になります、結果的には、被保険者にとって不利益になります。これを回避するため、小損害免責が広く使われています。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小損害免責の関連キーワード新価保険単独海損被保険物列挙責任主義直接損害約定履行費用保険担保危険特定危険担保全損のみ担保絶対的免責危険

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone