コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林与三次 こばやし よそじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林与三次 こばやし-よそじ

1913-1999 昭和後期-平成時代の官僚,経営者。
大正2年7月23日生まれ。正力松太郎娘婿。昭和11年内務省にはいる。自治庁事務次官,住宅金融公庫副総裁をへて,40年義父の経営する読売新聞社に入社し,主筆・論説委員会委員長。45年日本テレビ放送網社長。56年読売新聞社社長,平成3年会長。民間放送連盟会長,日本新聞協会会長もつとめた。平成11年12月30日死去。86歳。富山県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林与三次の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門コソボ[各個指定]芸能部門国際オリンピック委員会小沢剛小渕恵三内閣黒沢清難波和彦東チモール問題

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android